風水的に良いとされる寝室とは

風水インテリア入門ガイド

風水インテリア入門ガイド トップ > 寝室の運気を高める

寝室から運気を高める風水とは

風水では寝室を恋愛運と出世運を担う部屋だとしています。運気が悪い時はとりあえず家の中で寝る場所を変えてみるとそれだけで悪い状態から抜け出せることもあります。
寝室の風水のポイントは落ち着けることです。人は寝ている間に運気を吸収しますので、自分自身の運気を考えた場合には、寝室がもっとも重要な場所になってきます。当然、寝ている間に空間に漂う気を吸収するので、汚かったり、ゴチャゴチャしているのは良くありません。悪い気をダイレクトに吸収してしまい、運の悪い人になってしまうからです。
風水で、寝方の上手な人が運の良い人と言われることがあるのは、これらのことから由来しているのです。

布団を干したり、ベッドを隅から隅まで毎日掃除をするとなると非常に大変です。そんなときは、枕元だけでもきれいにしましょう。枕元に光・花・香りを用意すると恋愛運が高まるといわれています。仕事運や出世運を上げたい人は、大きめの枕を使いましょう。枕カバーの色も黒やモノトーン系は避け、仕事なら白、恋愛ならピンクや花柄、金運には黄色やグリーンを使うと良いでしょう。理想を言えば毎日、枕カバーやシーツを洗濯して、太陽の光を当ててあると、最大限に運を高めてくれます。

ベッドはあなたが思っている以上に運気の影響を与えるものです。気をつけなければならないのがベッドの配置。かならず頭側を壁に付けるようにしましょう。
ベッドは、木製で収納が付いていないものが良いといわれています。また、ウォーターベッドは、気を水に抜かれてしまうために良くないといわれています。スチール製のベッドも電磁波を寝ている間に拾ってしまうのでよくありません。
布団で寝ている人はマットレスを敷かないようにしましょう。大地から吸収できる気を殺してしまいます。絨毯でも同様のことが言えます。また、万年床は風水的に良くないため、理想としては頻繁に日に良く当ててあげることですが、ムリな場合でも、毎日きちんと押し入れにしまってあげましょう。

風水で良いとされている、寝室・寝床の位置や整え方

  • 寝室のドアから伸ばした中心線から寝床の位置を外すこと。
  • タンスなどの大きな家具をたくさん置かないこと。
  • 衣類をまわりにかけないこと。
  • 横になったとき、頭の上に窓がないこと。
  • 寝ている姿が映る位置に鏡を置かないこと。
  • ベッドの下に物を詰め込まないこと。
  • オーディオやテレビ、パソコンなどの電気通信機器を置かないこと。
  • 強い色や模様のカーテンやベッドカバー、壁紙などを使うこと。
  • 動くオブジェなど、落ち着きを阻害するものを置かないこと。
  • 安眠を妨げるような音が鳴る時計を使わないこと。
  • 換気を良くし、臭いがこもらないようにすること。
  • 金属のベッド(パイプベッドなど)を使わないようにすること。

風水の約束事だと思わずに読んでみても納得できる点が多いのではないでしょうか。
また、ガランとした広い寝室は逆に安眠しづらく、温まりにくいこともあり、風水ではあまりよくないとされています。

寝室の運気をパワーストーンで高める

寝室の運気を高める方法の一つとして、パワーストーンを置くこともオススメです。一般的にパワーストーンと言うとブレスレットなどのアクセサリーを思い浮かべる方が多いと思いますが、お部屋にはアクセサリーではなく「クラスター」が最適です。クラスターとは、パワーストーンの結晶がたくさん集まった群晶のことです。

クラスターには邪気をはらい、浄化する作用があるといわれています。もちろん空間の浄化にもなり、ネガティブな気持ちをクリアにしてくれます。水晶のような白く透明なものから、アメジストクラスターセレスタイトクラスターのようなヒーリングカラーもあり、見ているだけでも癒され、心を落ち着ける効果もあります。枕元にクラスターを置いてみたら寝付きが良くなったという声もよく聞きます。

クラスターの中でも特に空間浄化に優れていると言われているのが、ヒマラヤ産クラスターです。ヒマラヤ産のクラスターは結晶が出来上がるスピードが遅いため、他の産地の水晶よりも大地のパワーを秘めています。

◎高品質なクラスターが勢揃い →パワーストーンの希石