お風呂の風水インテリア

風水インテリア入門ガイド

風水インテリア入門ガイド トップ > お風呂の風水インテリア

お風呂から運気を高める風水とは

お風呂は家の中で、健康運、恋愛運に最も影響を与える場所といわれています。やはり基本は浴室を清潔にすることです。お風呂は1日の悪い気を洗い流す場所です。お風呂場が汚れているようでは、悪い気を流しきれいず、健康運や恋愛運はアップしません。
水場はもともと、陰の気が強い場所なので、陽の気を足してあげる必要があります。簡単に陽の気を足したいなら、色をパステルカラーなどの暖色系で統一しましょう。面倒くさくても、湯船にはつかるようにするのが風水の基本です。

お風呂で1番大切なのは換気です。浴室は一番湿気がたまりやすいところなので、十分な換気をする必要があります。1時間くらいは換気するようにしましょう。特に、マンションなど窓がないお風呂は、十分な換気が必要です。

お風呂に入る時は、柑橘系の入浴剤を入れることをおすすめします。また、お風呂に入った後は、残り湯を必ず流しましょう。残り湯があると、水の力を停滞させることになり、健康運、恋愛運ダウンの原因になります。

お風呂に鏡がある場合は、その鏡を常にピカピカにしておくと、お風呂場の気の流れを良くし、速める効果もあります。鏡は、気の方向を変えたり、流れを速める性質があります。また、水の気と関係があるので、陰の気がこもりがちなお風呂の気の循環を促すにはもってこいです。ただ、お風呂に限ったことではないのですが、窓や扉の正面には配置しない、合わせ鏡をしない、この2点は厳禁とされていますので注意が必要です。

お風呂場の様々なグッズにも風水を取り入れてみましょう。シャンプーやリンスは直置きせず、きちんと棚などに収納しましょう。さらに、陶器製のものやガラス製のボトルに移し替えると運気が上がります。もともと入っている容器のプラスチックは「火の気」を持っているモノなので、水の気を持つお風呂とは相性が悪いためです。
バスマットも素材は、自然素材のものにし、黒やグレーなどの暗い色は避けて、ピンク、ブルー、グリーンなどのパステル系にすると運気が上がります。何日も同じモノを使わずに、必ずきれいな状態のモノを使うようにしましょう。

お風呂に植物を置くことはあまりないかもしれませんが、陰の気がこもりやすい場所には、気を活性化させてくれる植物はあればあるだけ良いようです。植物は、湿気も吸収してくれるので一石二鳥です。植物を入れる器は、火の気を持つモノを風呂場に置くと水の気と喧嘩をしますので、プラスチック製の器は辞めましょう。パステルカラー系や白い陶器などに移し替えると見た目も風水的にも良さそうです。